ゴルファボ TOP雑学【トラブル】ラテラルウォーターハザードの対処法

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

【トラブル】ラテラルウォーターハザードの対処法

また池ポチャやっちまった…まぁこの辺にドロップして打つか。ちょっとまってください!もしかしたらもっと易しく打てる状況が選べる可能性があります。今回はウォーターハザード3つの処置法をご紹介します。

池だけには入れたくない!!そう意気込んで打ったら池ポチャ…

ゴルファーあるあるですよね。池ポチャの後、なんとなくその辺にドロップしてプレイを最スタートさせていませんか?それ、もしかしたらルール違反かもしれません。ウォーターハザードに捕まった時、ボールを落とす場所はきっちりとルールで決まっています。

もしかしたらあなたのスコアを助ける事になるかもしれませんので、ぜひ学んで次回のラウンドに活かしてみてください!アマチュア大会などの公式競技などでも必須のポイントです。

ラテラルウォーターハザード時のルール

3つの対処法

元の位置に戻って打ち直しをする

同じ場所からもう一度打ち直します。

ピンとボールの後方線上

ピンと池にボールが入った地点を結んだ後方線上から打つ。後方線上であればどれだけ下がってもOK

2クラブレングス以内

ボールが池に入ったところから、カップに近づかないように2クラブレングス以内のところにドロップして打つ

どの処置法を使っても「1打罰」なので、3つの中からもっとも良い状況下で打てるものを選びましょう。

↓↓↓トラブルを避ける安定したショットのコツはこちら

↓↓↓アマチュア必見!ラウンド中にボール変えてもいいの??

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧