ゴルファボ TOP雑学距離計測もできるゴルフ最新腕時計を徹底調査

雑学

距離計測もできるゴルフ最新腕時計を徹底調査

出典:wikimedia

残りのヤードを把握するという事は、ゴルフのスコアUPに欠かせない要素です。

ですが実際コースに出ると、目標までの正確な距離計測が出来ないままなんとなく感覚でショットしているゴルファーも多いかと思います。実際にグリーン上ではたった5ヤード寄っているか寄っていないかで大きな差が生まれますよね。

コース上での目視での正確な距離計測は困難を極めます。傾斜やコース幅などの影響で感覚は変わってくるからです。目標までの残りヤードをクリアにし、それに合わせて番手を選んでいくことがスコアアップの大切なポイントです。

トラブルショットなどで目測を誤り、反対側の林やバンカー・池などに打ち込んでしまった経験などありませんか?

そんな時に距離計測器が手元にあれば、いつでもどこからでも残りのヤードや目標までのヤード数が測れます。これはゴルファーにとって大きなアドバンテージになります。

その中でも腕時計タイプは腕に装着するので、好きな時に簡単に使用することが出来ます。今回はプロゴル編集部おすすめの腕時計タイプの距離計測器をご紹介します。

距離計測器:ショットナビ『W1-FW』

出典:Amazon

ショットナビから発売されている腕時計式の距離計測器には3つの大きな機能が搭載されていて、操作もとてもシンプルで簡単です。

  • シンプルモード(グリーンまでの距離を表示)
  • ハザードモード(ハザードまでの距離を表示)
  • フェアウェイモード(向いている方向のフェアウェイまでの距離を表示)

特に注目すべきポイントは『フェアウェイモード』です。

自分が立っている地点から、時計を向けた方向のフェアウェイまでの距離計測を行うことが出来ます。

この機能を使えばドッグレッグコースなどで狙いたい地点までの正確な距離が分かるばかりか、リカバリーショットでさらにフェアウェイを外すなどのミスの確率を限りなく低くすることが出来ます。

距離計測器:グリーンオン 『THE GOLF WATCH PREMIUM』

出典:Amazon

有名プロゴルファーも使用する腕時計式の距離計測器です。
この腕時計には非常に多くの機能が搭載されています。

  • グリーン表示(グリーンまでの各種情報)
  • コースレイアウト情報(レイアウトやハザード位置など)
  • グリーンアタック機能(グリーンの形状など)
  • スタンスチェック機能(ターゲットに対してスクウェアに構えているか)
  • 高低差機能(コースの高低差)

上記の機能以外にもたくさんの機能が付いています。

この腕時計式距離計測器が一つあれば、常にキャディーが付いていてくれるほどの情報を得ることが出来ます。

更にこの距離計測器はスマートフォンなどと連動して使用することが出来、自分が打ったショットの軌跡やスコアデータなども確認できます。

ゴルフ場で距離計測器を使い、自宅でショットの履歴を確認し、良かったポイント悪かったポイントを洗い出すことで次のスコアUPへ活かすことが出来ます。

距離計測器:ガーミン『Approach S6J』

出典:Amazon

ゴルフ場以外でも使える、見た目もおしゃれな腕時計式の距離計測器ガーミンの『Approach S6J』は好感度のGPSを搭載しており、フルカラーのタッチパネルを搭載しています。

  • コースビュー機能(コースの情報をフルカラーで確認できます)
  • トレーニング機能(スイング測定やトレーニング機能各種)
  • 通知機能(メールなどの携帯電話の通知を表示できます)
  • スコア管理(フェアウェイキープ率や平均パット数がスマホで分かる)

国内約5000コース、海外約35000コース以上のゴルフ場に対応し、多言語も対応しています。見た目もおしゃれな腕時計といった感じですね。

まとめ

最新の腕時計式タイプの距離計測器は、各社ともにゴルフに役立つ魅力的な機能が満載です。さまざまな情報を知ることでゴルフは更に楽しくなりますし、ラウンド中のデータが自宅で確認できれば、ゴルフ場以外でもラウンドを楽しむことが出来ますよね。

アマチュア選手は、上手く打てたのに目測が合っていないことが多々あります。

実際、私も距離計測機を使うようになってからは、ピンに寄る確立が以前より大幅に上がりました。スコアUPのためにも、腕時計式の距離計測機とてもオススメです。

シェアする

♥ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。