ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ当日スタート前の過ごし方とおすすめの練習法3選

知識

ゴルフ当日スタート前の過ごし方とおすすめの練習法3選

ゴルフ場に着いたあとはどんな動きをしていますか?間違った準備をすると実力が発揮できないだけでなくケガにつながることもあります。当日に最高のパフォーマンスを発揮するためにおすすめの3つの練習法を紹介しますのでぜひご覧ください。

ラウンドのときはできるだけいい状態で1日のスタートを切りたいですよね。

到着してからうまく用意ができていないと、体が動いてくるのが3番ホール4番ホールなんてことも…。せっかくゴルフ場に行ってそれではもったいないですよね。

しっかり備えをしておけば、仮に最初の1打でミスをしたとしてもそのあとすぐにカバーもできます。

今回はラウンド当日、スタート前の過ごし方についてポイントをまとめました。1番ホールでドライバーを打つまでにやっておきたい準備についてもご紹介します。ぜひ参考にして当日の朝、万全の状態で1番ホールを迎えてください。

出発からゴルフ場到着まで

ラウンドする当日は早めに起きるようにしましょう。運動する前はスタートの3時間前までに食事を終えるといいといわれています。軽めの食事であればずれ込んでもOKですが、万全の状態でラウンドするためにも早い段階で済ませておきます。

また当日はスタート時間の1時間前までには到着しておくのも大切なマナー。特に休日の場合は渋滞などもありますので、余裕を持った行動ができるようにします。

ラウンド前のおすすめ練習法

クラブハウスでゴルフウェアに着替えたら、実際にプレーをするための準備をしましょう。着いた直後などは特に体がまだ運動をする状態になっていません。時間をかけて身体を目覚めさせる必要があります。

身体をほぐす

固まった全身をほぐすために軽く動きます。特にゴルフ場までの移動時間が長い場合は、少し歩いて全身を動かし血流をうながすもの最初の段階としてはおすすめ。

またストレッチをして肩や腰、脚などを動かしていきます。動き続けていると少しずつ温まってくる感覚もあると思います。ケガをしないためにも、スイングやパターの前に少し動いておくといいでしょう。

パターの距離感をつかむ

ゴルフ場でパターをしっかり打っておくことはスコアにも直結します。

練習グリーンは実際にこれから回るコースと同じようなコンディションになるように調整されています。ここでどのくらいの強さで打ったらどれくらい転がるのか、感覚をつかむことができます。

傾斜は別にして、18ホールすべてのグリーンが同じ転がり方をするので、コースで生きる「距離感」をつかむことができます。パターはいつも一定のスピードでストロークすることを心がけましょう。距離は振り幅で調整し、スタンス幅など基準を決めておきます。

当日のドリルとしては、カップに向かって4つの方向から打って、上りと下り、スライスとフックの転がり方をつかむのがおすすめの方法です。どのくらいの振り幅でどのくらい転がるのか、グリーンでの距離感をつかむことができると、本番でも3パット、4パットを減らすのに効果があります。

↓パターの打ち方を総まとめ!構え方と握り方、実際に打つときのコツをレッスンしています。ゴルフのスコアアップにぜひ役立ててください。

スイングの練習

ゴルフのラウンド中によく使いそうなクラブを振っていきましょう。全てのクラブで打てればできればもちろんいいですが、時間や体力の問題もあります。

始めるのは短いウェッジから。素振りをしてゴルフのスイング動作に全身をなじませてから実際にボールを打っていきます。ボールを打ったら番手を上げていってドライバーのスイングまで試します。

このときのコツはドライバーで打って終わりにしないことです。どうしても強く速く振ろうとしてしまって力が入ったイメージが残りがちになってしまいます。ウェッジを使って、ゆったりとリズムよく振って、リラックスした感覚を残しながら締めくくるのがおすすめです。

↓ゴルフで使える便利グッズの情報をまとめました。快適プレーに役立ちますのでぜひ参考にしてみてください!

準備のときの考え方

ゴルフのスタート前にやってはいけないのはいきなりドライバーを振ったりすること、ボールをたくさん打ち過ぎることです。

突然、大きな動作をするのはケガの原因になります。また打ち過ぎは単に疲れてしまうだけではなく、大事なラウンド前にスイングを崩す原因にもなってしまいます。

ゴルフでコースに行った後にするのは、あくまでもプレーをするための調整だと考えておきましょう。

スイングのチェックや修正はあくまでも普段、打ちっぱなしなどでするもの。当日に何かを変えたりすることはできませんし、スキルを上げることもできません。

目的は、普段通りのプレーをするために、あるいは自分の実力をしっかり発揮するため。体がうまく動かせるようにすることが第一です。

↓ゴルフ初心者にもわかりやすいティーショットのコツを紹介します。守るべき3つの掟、コースでもぜひ実践してみてください。

まとめ

ゴルフ当日の準備のコツと練習法について紹介しました。ゴルフは朝早いことも多くて、コースについた段階ではまだ頭も体もいまいちの状態、ということもあると思います。

ゴルフ場に到着したあとはそんな自分のコンディションを上げてプレーできる状態にすることと、一番大切なパターの感覚をつかむことが2つの大きなポイントです。限られた時間を有効に使って、納得のいくプレーができるよう備えていきましょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった240円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧