ゴルファボ TOP知識ゴルフティー高さと使い方の正解は?お勧めアイテム紹介

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフティー高さと使い方の正解は?お勧めアイテム紹介

ドライバーショットはゴルフでとても大切です。そこでほんの少し、気を遣うだけでボールの飛びや正確性が大きく向上します。今回はティーアップについてまとめました。次回のラウンドでもできることばかり、コツを知ってゴルフ上達に生かしてください。

ティーショットは今よりもっと飛べばいいな、と思いますよね?ドライバーで飛ばせると気分もすっきり、身体も軽く感じてポジティブなイメージを作っていけます。

ゴルフではティーアップの仕方を見直すだけで、実は飛距離がぐっとアップします。それは打つ前の準備を少し変えるだけで実現できる方法です。

今回は飛距離アップをかなえるティーの高さ、飛ばすための準備や正確なショットを打つコツについて解説をします。またゴルフのスコアアップにも役立つお勧めの便利アイテムもご紹介していきます。

今までのゴルフでやっていた、何気ない動作をほんのちょっと変えるだけで効果があります。上達を目指すゴルファーの方はぜひチェックをしてみてください。

ゴルフでティーを使うメリット

ティーを使うことにはさまざまな利点があります。ゴルフ場では当たり前のようにしていることなんですが、実は知られていない秘訣もあります。

普段、ゴルフでは芝の上などから打ちますが、ティーを使うとボールを浮かせてスイングができます。芝の上からのショットになると傾斜の影響を受けたり、ダフったりすることもありますが、その心配がまったくなくクリーンにヒットすることができます。

またアッパーブローで打つことができるため、ゴルフボールにしっかりスピンがかかり、飛距離が伸びるという利点もあります。

ティーアップするとライの状況に左右されないため、球の高さを調整するだけでの打ち出し角を調整できる、という利点もあります。ほかのゴルフクラブの場合は状況によって、球を置く位置やスイングなどを調整する必要があります。

しかしティーショットに関してはそれがなく、同じようにセットして同じスイングをすればいつでも同じ軌道の球が打てる、という大きなメリットがあります。

ドライバーの場合の高さ

ドライバーで打つ場合の高さ、適切なのはどのくらいでしょうか?

目安となる位置

ドライバーで打つ場合は、ヘッドからゴルフボールが半分、上に出るくらいがちょうどいい高さです。当然、ヘッドの大きさは各ゴルフメーカーやモデルによってさまざま。それによって多少の差が出てくるので、調整をする必要があります。

また、このときのゴルフボールの位置は両足の真ん中よりも左寄り、左脇の延長線上のあたりを目安にします。これによって、ヘッドがスイングの最下点を過ぎた後でインパクトする、アッパーブローで打つことができます。スイングには個々のゴルファーで違いがありますので、あなたのタイプに応じて修正をしてみてください。

球筋に現れる違い

セットしたボールの高さが違うと軌道も異なってきます。ゴルフでは、一般的にティーが低めだと弾道は低く右に飛びやすい傾向があります。逆に高めの場合は弾道が高く、左に飛びやすい傾向があります。

アゲインストへの対応

向かい風のときの考え方は大きくわけて2つあります。

一つは低い位置から打ち出して低い軌道の球を打つ、それによって風の影響を最小限にすること。もう一つはバックスピンの量を減らすことで対応すること、そのために少し高めにボールをセットして真横から打ち出す、というものです。それぞれのメリットがあるので、ゴルフ場の状況やコンディションなどに応じて使い分けてみるといいでしょう。

↓↓↓忙しいあなたへ!自宅でもできるゴルフの練習法、ドライバーの飛距離アップのためのレッスンをご紹介しています!

その他のゴルフクラブの目安

それではドライバー以外のクラブでティーショットを打つときの目安はどのくらいなのでしょうか?

フェアウェイウッド

フェアウェイウッドの場合はヘッドからボールが3分の1から半分ほど出る位置が目安。ただ、ヘッドの形状によっても多少の差が出てきます。ディープフェースであれば高め、シャローフェースであれば低めに設定します。

ロフトが少ない3番ウッドは高め、5番や7番など、ロフトがあるクラブであれば低めにしていくのがセオリーとなります。使用するクラブに応じて変更していきましょう。

ユーティリティ

ユーティリティの場合、フェアウェイウッドよりも若干低めになります。アイアンのように低くするゴルファーの方もいると思いますが、ユーティリティの場合はヘッドのスイートスポットが広めにできているため、少し高めにセットアップしてもOK。高い軌道を狙った打ち方もできます。

アイアン

アイアンの場合、ティーは低めに設定するのが一般的です。芝にしっかり刺して、地面からは数ミリから1センチ程度までにとどめておきましょう。あまり高くするとアイアンの場合は芯を外してミスにつながってしまう可能性があります。

↓↓↓アイアンの基本です!7番アイアンの打ち方と上達する練習法をまとめましたので、ゴルフ初心者から上級者の方までぜひチェックを!

飛距離アップにつなげるコツ

何気なく行っているティーの使い方ですが、ちょっと見直すだけであなたのゴルフが大きく変わる可能性があります。

ボールの高さの調整

普段、ゴルフ練習場ではどのくらいの高さにセットしてドライバーを打っていますか?いつも練習しているのと、ラウンドするときの高さが違っていれば、当然、同じスイングをしていても弾道が変わってしまいます。練習場でナイスショットができていて、いざゴルフ場にいくとなかなかうまくいかないというゴルファーの方は、そんなところに原因があるかもしれません。

まずは練習場でのボールの位置を確認してみましょう。そしてゴルフ場で使うティーの高さも統一するようにします。

ルーティンを心がける

毎回、同じ動きをすること。それがルーティンです。プロゴルファーはスイングをするときにいつも同じ動作をして同じようにクラブを振っています。そうすることでぶれることのない再現性の高いスイングにつなげています。

ゴルフではそうした流れを身につけることもショットの安定につながります。いつも同じ動作でティーを刺し、素振りをしてから構えて打つ。プロゴルファーの場合は一発で同じ深さに刺すことができるといいます。変わらない動きで安定したゴルフスイングを実現できるようにしましょう。

ライを確認する

さあ、1打目を打とう!その場所は本当に平らですか?

フェアウェイだけではなくゴルフ場はいたるところに起伏があります。ティーグラウンドも例外ではありません。傾斜がある場所で打っているためにショットが安定しない可能性もあります。よく確認して平らな場所を選んでセットするようにしましょう。

お勧めのティー5選

「すぐになくしてしまうのでもっと目立つものがいい」「打ったときの感触がもっと柔らかいものが欲しい」。ゴルファーの方によってさまざまな希望があると思います。ここではそんなご要望に応えられるような特色あるアイテムをご紹介します。用途や目的に合わせたギア選びをしてください。

■置くだけ簡単

出典:amazon

<OCTEE>
地面に刺さずにおくだけ、ゴルフ初心者でも迷わずセッティング可能です。冬のゴルフ場のような固い地面でも関係なし。高さをいつも一定に保つこともできます。

■シンプルで目立つ

出典:amazon

<REPROTEE>
スリムな形状で地面に刺しやすく、ボールもすっきり見えるシンプル設計です。色も選択可能、ピンクを選ぶとゴルフ場ではすごく目立ってなくすのを防いでくれます。

■飛距離が伸びる

出典:ダイヤコーポレーション

<エアロスパーク>
上部が柔らかく折れ曲がり360度動く構造になっているため、インパクトのときの抵抗を減らしパワーをしっかり伝えます。ベース部分は動かず地面に刺さったままになるため、紛失も防ぐことができます。

■環境に優しい

出典:amazon

<ロングウッド>
天然のホワイトパーチ(白樺)を使用し、塗料も水性を使ったもの。高さが決めやすいように3段階のメモリもついています。なくしても土にかえるため、環境に優しいのが特徴。

■スピン量をコントロール

出典:amazon

<NANAMEtee N・16>
目標方向に斜めに傾けてボールをセットすることができます。それによってスピン量を減らしドライバーの飛びをサポートしてくれます。

↓↓↓飛距離にお悩みのゴルファーにピッタリのかんたん練習法はこちら。

↓↓↓上半身の傾きを意識すればミスも減り、ドライバーを真っ直ぐに飛ばせます。

まとめ

ゴルフのティーアップにまつわるポイント、さらにはお勧めのギアを紹介してきました。普段はそこまで気にしていなかったという方や初心者の方でも、ちょっとした意識でショットが大きく変わる可能性があります。今回のレッスンをぜひ取り入れてみて、飛距離アップやスイングの安定性につなげていってください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧