ゴルファボ TOP知識ゴルフのミート率とは?精度がぐんぐん上がる練習法7選

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのミート率とは?精度がぐんぐん上がる練習法7選

社内のゴルフコンペで”ドラコン”獲りたいと思っているあなた!ヘッドスピードを速くするよりもミート率を上げた方が、ゴルフボールは遠くまで飛ばせます。明日のラウンドに役立つ飛ばしの秘密をご紹介します。今よりもっと飛距離アップしたい方必見です!

ゴルフでは、軽く振っても飛ぶ人とヘッドスピードが速くても飛ばない人がいます。その差は何でしょうか?

早く振れなくても飛距離を出している人は、クラブの芯に当てる「ミート率」が良いからだと言われています。ゴルフボールを飛ばすために、筋肉だけ鍛えても思ったような飛距離が出ないのはそういう理由があるからです。

今回は、ゴルフのショットの精度が上がる『ミート率』について解説いたします。

この数値が上がれば、ヘッドスピードが遅くても効率よく飛ばすことができます。ぜひ、ご紹介する7つの練習法を試していただき、飛距離アップにつなげてください。

ゴルフのミート率とは?

ゴルフのミート率とは、「ボール初速」を「ヘッドスピード」で割った値です。

つまり、スイングスピードで得た力をどれだけ効率的にゴルフボールに伝えられているかを数値で表したものです。一般的に「1.4」を超えると効率が良いとされていますトップのプロ選手で「1.5」前後、アマチュアゴルファーで「1.35~1.39」と言われています。

ゴルフのルールで上限が決まっています。上限の数値は「1.56」です。あなたが使っているゴルフボールはこの数値を超えないように作られています。

なぜミート率が大事なのか?

ゴルフでは、同じヘッドスピード(HS)でも、ミート率が0.05アップすると初速は2m/s伸びます。初速の4倍が飛距離と言われていますので、8ヤードも距離が伸びます。セカンド地点では、1番手短いクラブを持つことができます。

一般男性アマチュアゴルファーと女子プロの(HS)は40~45m/sと言われています。しかし、女子プロは250ヤード飛ばせます。一方、男性アマチュアの場合は200ヤード前後飛べばいい方です。ゴルフでは、安定した飛距離を出すことが大切になってきます。

ボール初速に「4」かけるとだいたいの飛距離が求められます。計算上、ボール初速が1m/s上がると約4ヤード飛距離が伸びると言われています

ミート率が悪いゴルファーの特徴

ドライバーのヘッドは、フェース面の中心部分に芯があり、そこに当たると飛距離がアップするように作られています。ミート率が悪いゴルファーは、毎回芯を外して打っている状態です。インパクトで伸び上がったり、上体が突っ込んだりして再現性が低いゴルフスイングをしています。

↓↓↓ミート率を上げる為のゴルフの基本はこちらで徹底解説いたします。

ミート率をアップするには…?

ゴルフクラブの芯で打つことです。スイングのパワーをインパクトですべて伝えることができるので、球の初速が上がります。初速が上がれば遠くに飛んでいきます。

最近のゴルフクラブは、「スイートエリアが広い」と言われていますが、実は、芯が大きいというわけではなく、外してもブレにくい設計になっているのです。多少のミスショットでも初速が落ちないというわけです。

どんなに大きいゴルフクラブでも芯と言われている部分は点でしかないそうです。スイートエリアに当たるスイングが身につけば、最新クラブの性能を引き出せてさらに飛ばせますね。

ゴルフのミート率が上がる練習法

テイクバックでグリップの位置を低くする

アマチュアゴルファーは、バックスイングのときに手で”ヒョイ”とクラブを持ち上げるので、上体も起き上がり、手打ちになってしまいます。手打ちを防ぐためには、両肩と腕を結んだ三角形を崩さないようにテイクバックします。

グリップの位置も低くなり上体も起き上がらないバックスイングができるので、安定した軌道でインパクトを迎えられます。

ビハインドザボール

ゴルフでは、ビハインドザボールを意識することで、上体が突っ込みにくくなり、ヘッドの軌道が緩やかになります。 スイートスポットに当たりやすくなります。コツとして右足を踏ん張ることで頭が残り、体が突っ込まなくなります。

韓国女子プロの右足の粘りはとてもアマチュアゴルファーに参考になります。ぜひトライしてみてください。

グリップを短く持つ

ゴルフクラブを短く持つと、ヘッドスピードが落ちて飛ばないと思われがちですが、短く握った方がコンパクトなスイングになるので、ミート率が上がりやすくなります。スタートホールでグリップを短く持つと、大きく曲がることもないので、フェアウェイキープ率も上がります。

長く持ち慣れていると違和感がありますが、練習を繰り返すことで、ショットが安定してきます。長く持つと振り遅れの原因にもなりますので、気をつけましょう、

スタンス幅を狭くする

球のつかまりが悪く芯を外しているなら、スタンスを狭くして練習してみましょう。体の回転で振るイメージがしやすくなるので、スイング軸が安定し球がつかまるようになります。

7番アイアンでティーアップして打つ

ティーアップをしたボールを7番アイアンで打つ練習です。ライナーの弾道で140ヤード飛べば、上体突っ込んだり、あおり打ちになったりしていない証拠になります。軸が安定してくるので、ドライバーの練習にもなります。

右足を少し引いてクローズスタンス

ドラコンホールとかパー5のホールなど、ここ一番飛ばしたいときには、右足を少し引いてクローズスタンスにします。そうすることで、インサイドからクラブを振りやすくなりなり、球のつかまりが良くなります。

注意点として、両肩はターゲット方向に向けてください。同じように右を向いてしまうと、そのまま右に飛んでいってしまい、トラブルの原因になります。

スリップハンド

右手をグリップの先、左手はグリップエンドを握ります。スイング中の右手と左手の入れ替えが分かりやすくなり、ゴルフで理想的な手首の返しが身につきます。

左脇も締まるので、手と体が同調した振りができ、しっかりと芯でとらえることができます。常に体の正面に手があるので精度の高いショットがどんどん打てるようになります。

↓↓↓打点が安定する「スリップハンド練習法」をぜひお試しください!

 

まとめ

ヘッドスピードが遅くてもミート率を上げれば飛距離は伸びていきます。効率的なクラブの動かし方ができれば、体も疲れないので、最終ホールまで気持ち良くドライバーを振れるでしょう。

ぜひ、ご紹介した練習方法を試してみて飛距離アップにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧