ゴルファボ TOP知識ゴルフのフィニッシュがふらつく人におすすめ練習法3選

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのフィニッシュがふらつく人におすすめ練習法3選

大事な場面でトップやダフリが頻発する…練習しているのに飛距離も精度もイマイチ…そんなあなたに注目していただきたいポイントが『フィニッシュ』です。インパクトや回転運動に関わる上達に欠かせないポイントをぜひ参考にしてみてください。

プロゴルファーみたいに打った後、ピタッ!と止まってボールの弾道を眺める。

見ているだけでかっこいいですよね。このゴルフスイングの最後の状態は『フィニッシュ』と呼ばれます。しかし、実はかっこいいだけでなく良い振りが出来た証拠でもあり、ゴルフ上級者はその形をアドレスの段階で意識しているほど、ナイスショットに欠かせないポイントです。

しかし、アマチュアゴルファーは上手く振り切れなかったり、振り終わってふらつくことも多いと思います。実はその結果が、トップ、ダフリ、スライスなどのミスに繋がっている大きな原因だとか…

今回はその原因と解決法、そしてフィニッシュが上手くなる練習法をご紹介いたします。

ゴルフのフィニッシュとは…

ゴルフボールを打った後、体が回転し終わって、一連の動きが終わり、静止した時のことを言います。レッスン等でも重要視され、ゴルフ上級者はみな、この終わりの形が一定で安定しています。

良いフィニッシュは良いショットが出来た証とも言われ、意識して振ることでヘッドも走り力強いスイングが出来ます。

なぜふらつくの?

一般的に左打ちゴルファーの場合、しっかり体重移動して打つことが出来ると、バランス・重心は左側に移ります。フィニッシュでつま先側に過度に重心が移動すれば、前につんのめり、かかと側に過度に重心が移動すれば後ろに倒れそうになります。右足に残り過ぎれば力が分散されふらつきます。

ドライバーなどの大きな動きになればなるほどこの傾向は強くなります。いずれにせよ、ピタッと止まれないゴルファーは力がターゲット方向だけでなく、四方八方に分散しているということ。それは、力のロス、インパクトの不安定、といったミスに繋がる大きな原因という事です。

正しいフィニッシュの形

上記プロゴルファーの参考画像をご覧ください。アドレス時点では左右に振り分けてあったバランスは、ほぼ左足に移行し、左足一本で片足立ちできるほどです。この左足軸に体重が移った状態がゴルフの理想形です。

顔、体の正面はターゲット方向を向き、腰は十分に回転しきっています。右足はつま先立ちになっていますが、左足はブレず、しっかりを力を受け止めています。

ゴルフクラブ無しでも良いので、鏡の前でやってみましょう。そして自分のフィニッシュがこの形になるように意識して振るだけで理想的なフォームが手に入るでしょう。

最後が決まらないゴルファーの特徴

■右足に体重が残り過ぎ

右に体重が残っていると左足で立つことが出来ないので決まりません。

■つま先に体重が移動し過ぎ

つま先側に移動し過ぎると前につんのめるようになり、インパクト後、前に倒れこんでしまいます。ダフリにも繋がり、力もロスしてしまいます。

■かかとに体重が移動し過ぎ

かかと側に移動し過ぎるとインパクト後に後ろ(背中側)に倒れてしまいます。トップやチョロの原因にもなります。

ショットの成功率が上がる?

ゴルフボールを打とうとし過ぎるとインパクト前にスイングは減速してしまいます。アマチュアゴルファーの多くはインパクトにかけてスイングの加速がうまく出来ないので、思い切り振っているのになかなか飛距離が出なかったりします。

最後を意識することで体は自然とゴルフクラブを振り切ることができ、結果的にヘッドスピードも上がります。ゴルフボールがあちこちに行ってしまいそうで怖いかもしれませんが、ゴルフではしっかり振り切ったほうがミスショットが減ります。

ゴルフが上手くなるフィニッシュのポイント

上手くなるポイントは3つあります。

①つま先立ち

右足はつま先立ちしましょう。足裏が地面についたままだと体重移動も上手くできません。

②太ももをくっつける

最終的に右の太ももが左の太ももにくっつく形が理想的です。

③ベルトのバックルをターゲット方向に向ける

体をしっかり回転させると自然と左足一本で立つ形になります。

上記3点に注意してスイングしてみましょう。最初うまく出来ないときはゴルフクラブを置いてシャドーでフォームをチェックしながら行いましょう。ゆっくりでもいいので正しい形を意識して練習してみてください。

↓↓↓上達のための基本中の基本を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

おすすめの練習法3選

片足で立つ

打ち終わった後、右足を地面から離して、左足一本で立ちます。打ち終わったあとうまく立てなくても大丈夫。比重が右に残っていれば、それから左に移して片足立ちをしてもOKです。この練習のポイントは振り切った後、左足一本で立てるフォーム、感覚を体に染み込ませることです。

片足で立ったらそこから3秒静止しましょう。フラフラしないようになればフィニッシュが劇的によくなるでしょう。

右ももをぶつける

フィニッシュにかけて右の太ももを左の太ももにぶつけてみてください。あまり意識すると体の軸がブレてしまうのでイメージを持つだけでも効果的です。下半身に引っ張られて自然と体が回転してくれます。

カラダの左側でスイングする

ゴルフクラブを振った時に「ブンッ!」と音が鳴る位置を体の左側(ターゲット方向)になるよう意識してください。インパクトにかけてヘッドが加速出来れば遠心力に引っ張られ自然と体は理想の位置に収まるようになります。

飛距離アップにも非常に効果的な方法なのでぜひ試してみてください。ドライバーをもっと飛ばしたい方はこちらの記事もご覧ください。↓↓↓

まとめ

一見ただのスイング終わりに見えるゴルフのフィニッシュですが、実際はナイスショットに欠かせない重要ポイントになっています。

理想的なフィニッシュはヘッドが加速してしっかり振り切った証です。逆を言えばフィニッシュを強く意識することで、ヘッドが加速してスキング軌道も安定しやすくなります。トップやダフリ等の予防にも効果的です。

理想の形を逆算することであなたのゴルフスイングはさらに磨きのかかったものになるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧