ゴルファボ TOP上達法フェアウェイウッド打てない方必見!テイクバック改善法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

フェアウェイウッド打てない方必見!テイクバック改善法

狭いホールやパー5のセカンドでフェアウェイウッドを活用したいけど、コースではいつもOBかチョロばかり…そんなゴルファーでもあるポイントを意識するだけで、簡単にボールを運べるようになります。フェアウェイウッドが打てない方必見です!

今回は、皆さまからいただいた悩みの回答をしていきたいと思います。いただいたお悩みは「アイアンは打てるけど、フェアウェイウッドが打てない」というものです。多くの方からいただきました。

なぜ、フェアウェイウッドが打てないかといいますと、理由は「クラブが長くなりタイミングを合わせられない」からということになります。アイアンはバンバン打てるのにフェアウェイウッドになるとまったく打てないという人がいます。原因はバックスイングのスピードにあります。

フェアウェイウッドで打つ時は、必ず変えなければいけないポイントがあります。今回は、3つあるポイントのうち1つをご紹介していきます。

フェアウェイウッドで打つ時のコツ ~テイクバック編~

必見!フェアウェイウッドをクリーンヒットするためのポイント

フェアウェイウッドを打つポイントは、テイクバックになります。画像をご覧いただいてわかる通り、アイアンとフェアウェイウッドであれば、シャフトの長さが長くなります。長いものを扱うので、必ずゆっくりと上げないといけません。

例えば、イメージしていただきたいのは、「短いペン」と「竹竿」です。短いペンだと速く”ビュンビュン”動かすことはできるのですが、長い竹竿を動かそうと思ったら、ペンのように速くは動かすことができず、ゆっくり振らないとコントロールすることができないと思います。

この原理はゴルフクラブでも同じで、番手が短くなるほどシャープに速く動かせるのですが、長くなっていけばいくほど、ゆっくりと振らなければコントロールできなくなり、練習しても打てないということになります。

アイアンでバックスイングを上げる時の速さよりも、フェアウェイウッドを上げるときは、ゆっくり上げることを意識してください。

スイング速度変えるのはフェアウェイウッドだけではなかった!

スイングする速度は、アイアンとフェアウェイウッドだけの関係ではなく、例えば、、、

・ミドル → ロングアイアン

・ロング → UT

・UT → フェアウェイウッド

・フェアウェイウッド → ドライバー

など、短いクラブから長いゴルフクラブに変える時は、すべてテイクバックのスピードを遅くしなければいけません。番手が上がって長くなればなるほど、比例させてゆっくり上げるというポイントを意識してみてください。

アイアンとドライバーは軌道も違います。テイクバックの上げ方がわかります!

練習で各番手のスイングスピードを把握しよう!

練習で短いクラブをバンバン打ったあと、他の長いクラブに変えたら急に打てないという時があると思います。それは短いクラブのスピードに慣れてしまって、そのスピードのまま長いクラブを打っているので、それでタイミングが合わず、打てないということになります。

ゴルフの練習をする時は、ゴルフクラブの長さに合ったスピードを見つけましょう。「フェアウェイウッドではこれくらいかなぁ」「ウェッジではこれくらいかなぁ」とナイスショットが出るスピードを把握しながら振って練習してみましょう。

注意点として、速度が変わるからといって極端には変わりません。1Wではハエが止まるくらい遅く上げるとヘッドスピードが上がりませんし、ウェッジでは稲妻のごとく速く上げるとバランスが崩れて打てないので、気をつけましょう。

↓↓↓クラブを振るリズムを習得できます。参考にどうぞ!

まとめ

フェアウェイウッドを打つコツは、バックスイングを上げる時の速さです。アイアンよりもバックスイングをゆっくり上げていくというポイントを意識してみてください。

これでもう打てないと悩まなくて済みますね!フェアウェイウッドが打てるとこれまで失敗ばかりしていた、パー5のセカンド、狭いホール・トリッキーなホールでのティーショットなどが攻略できます!

これまでずっとキャディーバッグで寝ていたクラブの1つだったでしょう。でも、今日から積極的に使ってスコアをアップしていきましょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧