ゴルファボ TOP初心者初心者を襲うゴルフの”筋肉痛”その原因と対処法とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

初心者を襲うゴルフの”筋肉痛”その原因と対処法とは?

ゴルフで起こりがちな筋肉痛…。何度も続く場合は、スイングの見直しが必要かも知れません。今回は、筋肉痛の起こる原因、見直すポイント、対策についてまとめました。正しいフォームでゴルフの上達に繋げていきましょう。

ゴルフ初心者を襲う筋肉痛…。全身運動ということもあり、普段運動をしている人もしていない人も、練習後、ラウンド後に悩まされることは多いと思います。初心者ゴルファーは、腕を使いすぎてしまったり、体重移動ができないままショットしたりすることで体のバランスが崩れ余計な運動量が増して疲れてしまいます。

今回は、ゴルフの”筋肉痛”その原因と対処法についてご紹介します。

原因と対処法を知ることで、疲れないゴルフのスイングが身につきます。力感の無いきれいなフォームを身につける上でもしっかり体の対策をしましょう。

筋肉痛が繰り返し起こる原因とは?

始めたばかりのゴルファーは、打ちっぱなしで何球も打ち込み練習を重ねると思います。ゴルフは、日常生活にない動きをするスポーツなので、筋肉痛が出るのは当たり前のことかもしれません。しかしゴルフでは、どこの部分に症状が出続けるかによって注意が必要です。

筋肉痛の症状が出る場所の注意点

ゴルフのスイングは、適切なグリッププレッシャーで大きく振りぬくことが理想です。一連の動作がきれいに行われている場合、一番必要とされるのは、身体のコアである腸腰筋、インナーマッスルです。

初心者は腕をガチガチで振ることが多く、上半身に筋肉痛が起きやすいと言われています。最初はある程度は仕方のないことですが、ゴルフの練習を続けていて、いつまでも同じような箇所にいたみが起こるなら、正しいスイングができていない可能性があります。

筋肉痛が比較的起こっても良いと言われる部位

・背中

・上腕三頭筋

・腸腰筋

ただし、これらの痛みも、慣れてきた頃にも及ぶような時は注意が必要です。ゴルフクラブを手で振っていたり、全身に余計な動きが入っていたりするなどの原因が考えられます。

理想的な振りのドリルがあります。初心者ゴルファー必見です。こちらをご覧ください。

筋肉痛が起こるべきではない箇所

・右足外側(長指伸筋)…ダウンスイングの時に力が入りすぎている

・上腕二頭筋…ゴルフクラブを強く握りすぎている

・肩、首…上記に付随して起こる

このようにいたみが出る箇所によって、フォームが整っているかどうかの判断材料になりますのでチェックしてみてください。チェック方法はこちらを参考にしてください。

適正じゃない箇所の筋肉痛を感じた時は…

ゴルフ初心者は、スイングが固まるまで、レッスンプロについて教わるのも1つと言われています。でも、それが難しいという事であるなら、腕の使い方に注意してみましょう。

なぜ、腕の力が入りすぎてしまうのかというと「飛ばそう」という意識が高いことがあげられます。特に、インパクトで飛ばしを意識することにより、結果、ヘッドが十分に走らなかったり、ダフリやチーピンを起こしたりして飛ばなくなってしまいます。「飛ばし」を意識しない方がいいでしょう。

腕に頼らず腰で飛ばす方法もあります。上半身にいつも張りが出てくる方は参考になります。

プロゴルファーやゴルフ上級者が、軽くクラブを振って飛ばすことができるのは、力の抜きどころ、入れどころを知っているからです。またインパクトの衝撃に耐えられる体幹の強さも関係しています。初心者ゴルファーは、そこまで体ができていないので、力の抜きどころ、入れどころを練習して効率の良い振りを体に記憶させることが大切です。

注意点をチェックして、上半身だけに力が入りすぎ、手打ちにならないように気をつけましょう。アマチュアゴルファーは、軽く振ろうと思っても、なかなかうまくいかないことが多いと思います。その時は、下半身に意識を持っていくと、力みが取れやすいと言われています。

下半身の使い方の秘訣はこちらをご覧ください。下半身の大きなパワーを使うコツがわかります。

筋肉痛を起こさないための方法とは?

ゴルフで疲労が一番蓄積しやすい太ももや背中は、ゴルフの練習をする前に、体操をしてしっかり温め、ほぐしておきましょう。怪我の予防にもなります。練習後はストレッチなどでケアすると疲労回復も速くなります。

アマチュアゴルファーが取り入れると良い簡単なストレッチ方法をまとめています。参考にしてみてください。

ゴルフの素振りも、振ればいいというものではありません。適正なフォームを身体に記憶させるものとして、丁寧に練習していきましょう。また、力を抜くだけではなく、大きく振った方が飛距離も出ます。

ゴルフ上級者は、足の粘りを利かせるための下半身強化を行っています。アマチュアゴルファーもできる範囲で軽めの運動や、ストレッチを普段から取り入れるようにしておきましょう。

下半身専用のストレッチはこちらが参考になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

心地よい筋肉痛は健康に良い気がしますが、悪い振りで引き起こされてしまうと、怪我やスコアにも響いてきます。今からしっかりとした正しいフォームを身につけつると、上達も速くなり、長い間ゴルフが楽しめます。

今回ご紹介した、右足外側や肩、首などから症状が出たら一度スイングのチェックをしてみてください。それにより、疲れにくいカラダになり、フォームも良くなっていくでしょう。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧