ゴルファボ TOP知識ゴルフのリストターン習得法!正しい手首の使い方

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのリストターン習得法!正しい手首の使い方

インパクトでしっかりと球を捉えたいけど、当たりが薄くいつもスライスばかり…そんなアマチュアゴルファーでも正しいリストターンを覚えることで簡単にボールをつかまえて飛ばすことができます。スライスに悩んでいる方やもっと飛ばしたい方は必見です!

「いつもスライスばかり…」

「インパクトが薄い…」

「ボールをこすってばかり…」

これは、ボディターンを意識するあまり、ヘッドの遅れを生んでしまっています。実はゴルフクラブはヘッドが構造上が開く特性がありますので、リストターンをしてフェースをスクエアに戻さないといけません。ただ振るだけでは自然に返ることはありません。

今回は、ゴルフのリストターン習得法!正しい手首の使い方についてご紹介します。

ゴルフのスイングで正しくリストターンができると、簡単にボールを遠くに飛ばすことができます。スイング時に「ちゃんと当たるかな~」と心配することがなくなります。心配するストレスがなくなると、その分コースマネジメントがしっかりとできますので、スコアアップにつながります。

ゴルフのリストターンとは?

ゴルフクラブのヘッドがボールに当たるインパクトの直前に手首や腕のローテーションを使い、フェースを閉じてスクエアする動きのことです。

メリットは、毎回のスイングでリズムよく球にしっかりと当てることができます。プロやゴルフ上級者が同じタイミングで、いつもナイスショットが打てるのは、リストターンをしっかりと行っているからです。さらにヘッドスピードが上がりますので、ドライバーの飛距離もアップすることが期待できます。

リストターンとボディターンはどちらが良い?

ゴルフで重要なのは、どちらかを選択して振るのではなく、身体と手首の回転の両方を使って振っていくというのが理想的です。特にドローボールを打つ場合は、この両者がとても大切になります。

ゴルフスイングでは、タメができるとボールの飛びにかなり影響があります。

リストターンさせないとスクエアにならない

ゴルフクラブの特性

構造上自然に開くようにできています。それは重心の位置が関係していて、構造を理解すればフェース面のコントロールの重要性や、意識の仕方が分かってきます。

ゴルフクラブの重心は、ヘッドの右側(後ろ側)にあります。ゴルフクラブを置いて手を離してみれば分かると思いますが、ドライバーでもアイアンでも、時計回りにヘッドが回転し、トゥー側が地面を差します。きちんと手で支えなければフェースは開くようにできています。

意識しないままスイングすれば、トップでは自然にフェースが開き、オープンのままインパクトを迎えてしまうということです。約8割のアマチュアゴルファーがトップやインパクトでフェースが開くのは、ゴルフクラブの構造を理解すれば、当然のことだと言えるでしょう。

最適なグリップの握り方

腕の力が弱人は、ゴルフクラブの重さに負けてヘッドをコントロールすることがなかなかできません。非力の方や女性ゴルファーが上手くリストターンするには、グリップをストロンググリップ(フックグリップ)にするいいでしょう。クラブをしっかりと握ることができるので、ヘッド返しやすくなります。

逆に、力がありフックがよく出るという方は、スクエアかウィークにすることで手の力を抑えることができるので、曲がり具合を調整することができます。

あなたは正しく握れていますか?ショットの良し悪しに影響します。自分の最適な握り方を見つけましょう!

正しいリストターン習得法!

正しい動きをマスターするには、2つのポイントがあります。

・下半身をしっかり動かす

・左腕をねじる

この2つを意識すれば、振り遅れることなくゴルフボールをヒットすることができます。

下半身をしっかり動かす

正しく手首を返すには、下半身の動きがとても大切になってきます。理由は、ゴルフはバックスイング、ダウンスイングを経てクラブが降りてきます。そのときに手だけで降ろすと左肩が開いて身体が突っ込むので、アウトサイドインの軌道で振ることになります。スライスや手首が返りすぎてフックになり、典型的な悪いショットになります。

下半身をしっかりと動かすことで、トップで”タメ”ができ、手首、腕をムチのように使えると自然とコックができ、リストターンがしやすくなります。

腰をバンプすることで、ゴルフスイングがスムーズになります。

左腕をねじる

「左腕をねじる」動きがもっとも重要ですが、1つ注意点があります。手首を返す動きを意識するあまり、こねてしまう場合があります。そうなると引っ掛けやフックが出る危険性があります。

それを防ぐには、”左腕をねじる”という動作をすることで、返し過ぎを抑えることができるので、手をこねる動きも防ぐことができます。

左腕をねじるイメージとしては、“ドアノブ”を回すようにします。そうすることでシャフトが素早く返るので、ヘッドがスクエアに戻りやすく、厚いインパクトを迎えることができます。

正しくねじれるとドローボールも簡単に打てるようになります。参考にどうぞ↓↓↓

まとめ

2つのポイントを意識するだけで、正しいリストターンをすることができます。

・下半身をしっかり動かす

・左腕をねじる

ゴルフのスイングではとても大切な動きです。この動きができると、現在ゴルフツアーで流行りの、中弾道の角度の打球で飛んでいく力強い“ライナードローボール“が打てるようになります。ぜひ習得していただき、ゴルフのレベルアップにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧