プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法アプローチを安定させる方法

アプローチを安定させる方法

上達法

  • 動画あり
  • 461

トップやダフりなく、あなたがアプロ―チショットを、いつでもどんな時でも思い通りに打つには、打つときの「軸の安定」が非常に大事です。

今回はそんなアプローチの根幹的な部分「軸」を安定させる方法についてご紹介します。

あなたはこんな経験はありませんか?

短い距離を打つからこそ余計に、考えすぎてミスを連発してしまった・・・

スコアを崩す一番の原因になりがちなグリーン周りで、必ず打たなければならないのはアプローチショットです。

アプローチショットは、ボールを打つまでの一連の流れの中で、一番考えることが多いショットなんです。
本当に難しいですよね。

考えに考えた末の、トップやダフり。。。

この原因にはスイング軌道やフォームの問題など色々ありますが、上手くいかない原因の根っこの部分には「軸」が安定していないことがあります。

言い換えれば、「軸」を安定させればもうほとんど解決したようなもんなんです。

さあ、アプローチを安定させる秘訣を学びましょう!

アプローチを安定させるにはどうすればいいの?

スイングを安定させるアドレスの“コツ”

アプローチでは、アドレスを構えた状態からフィニッシュまで、可能な限り下半身は動かさないのが理想です。

ショットがトップやダフリになってしまう原因のほとんどが、下半身が安定していないことによる、上下左右の“体のブレからきています。

右利き右打ちのゴルファーの場合、統計的に軸を「左足」に持ってきた方が理想的です。

ですが、必ず左足にしなければならないというわけでもありません。
極まれに右足軸アプローチの方が安定し、しっくりくるゴルファーもいます。

自分に合った方を選んでください。
軸を固定するコツとして、腰を少しだけ左足側に乗せてみてください。
体重が多く乗っていることが実感できると思います。

そして、スイングの最後まで左足を動かさないようにしましょう。
この状態を作れれば、アプローチに大切な安定性が向上します。

体重を全部移動させたら倒れそう??

体重移動する際に“注意”しなければならないことがあります。
それは、頭も一緒に移動してしまうことです。これではいけません。

頭は移動させず腰だけを乗せ体重を移動させましょう。
そうすることでプロの様な安定したアプローチを打つことが可能になります。

感覚をつかむ練習法として、右足を浮かせて(つま先立ち)クラブを
振ってみてください。フラフラするかもしれませんが、問題ありません。

大事なことは左側に体重が乗っているのを感じることです。
感覚がつかめてきたら、普段のアドレスに戻し、そのイメージを持ったまま
スイングしてみましょう。
しっかりスイング出来れば、下半身が安定したアプローチが打てるようになります。

まとめ

  • アプローチは軸を左足にする
  • 頭は動かさず左腰を左足にのせる
  • スイングの最初から最後まで左足は動かさない

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。